Entity Frameworkの開発アプローチ

Entity Frameworkの開発アプローチ

・データベースファースト データベースからデータモデルを自動生成するアプローチ DBが既にある場合はこれを普通は使う ・モデルファースト デザイナー上で定義したEntity Data ModelからDBを自動生成するアプ…

Read Article →
データモデルの作成

データモデルの作成

コードファーストはデータモデル(コード)を定義することからまず始める。   例としてエンティティ(Article, Comment, Author)で考える。 【Article】 1 - n 【Comment】 【Art…

Read Article →
規約のカスタマイズ

規約のカスタマイズ

コードファーストでは規約に基づいてエンティティとDBを紐付けるのが基本ではあるが、 その規約をカスタマイズするために利用するのが属性(アノテーション)です。 【データモデルの規約に関する主な属性】 属性 概要 Table…

Read Article →
マイグレーション

マイグレーション

マイグレーションを利用することで、データベースを削除することなく既存データをそのままにして、 最新のテーブルレイアウトに変更できる。 ※ちなみに、イニシャライザーではデータベースを一旦削除→再作成している。 【マイグレー…

Read Article →
LINQ to Entities その1

LINQ to Entities その1

【LINQとは】 LINQとは、オブジェクト・データベース・データセット・エンティティ・XMLなど、アプリケーションで 扱う様々なデータソースに対して統一的な手段でアクセスするしくみ。 LINQはアクセスするデータの種類…

Read Article →
LINQ to Entities その2

LINQ to Entities その2

【取得列を明示的に指定する(select句)】 select句を利用することで、特定のプロパティだけを取り出したり、加工したり が可能になる。 以下のような加工をselect句で行った例 ・Title列を先頭から5文字だ…

Read Article →
データ取得・変更のためのその他の機能

データ取得・変更のためのその他の機能

【関連を持ったエンティティの操作】 データの挿入 新規にオブジェクトを挿入する場合、Addメソッドで追加する。 以下はCommentオブジェクトを新規追加すると同時に、ナビゲーションプロパティであるArticle に対し…

Read Article →