ビューヘルパー(フォーム関連)①

ビューヘルパー(フォーム関連)①


【フォーム生成 BeginFormメソッド】

 form要素を生成するためのメソッド
 (特に引数を指定しなければポスト先は現在のアクションとなる。)
[ビュー]

※BeginForm(アクション名, コントローラー名, ルートパラメーター, HTTPメソッド, その他属性)

arrow_down
生成されるHTML

 ルート定義に含まれないパラメーター(この場合charset)はクエリー文字列として追加される。

【ルート定義からフォームを作成 BeginRouteForm】

 ポスト先を文字列ではなくルートパラメーターを表す匿名型として指定できる。
 以下はBeginRouteFormで書き換えたコード
[ビュー]

 ※生成されるHTMLは同じ

【モデルに関連付いたinput、textarea要素の生成】

 [ビュー]
  ・第一引数には、「Function(model) model.プロパティ」のようなラムダ式を指定する。
  (「model.プロパティ」は実在していることが前提)
  ・第二引数には、属性を「New With {・・・}」で指定する。

arrow_down
[出力結果(画面)]
15
 [出力結果(HTML)]
  CheckBoxForメソッドは、type=”checkbox”とtype=”hidden”の2つのinput要素を出力する。
  (hiddenの方の要素はfalse値をサーバーに送信する為に必要)

 ※基本的には、TextBoxForなどのメソッドの直接利用はあまりない。
  モデルに応じて適切な出力を生成できるEditorForメソッドを利用するべき。